2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

« 「東・打・協」 | トップページ | 仕事はじめ »

2007年12月26日 (水)

N響第九

今日はN響を聞きに行って来た。あッその前に群響の打楽器

オーディション決まったそうです。おめでとう これから1年ほど

試用期間があって・・がんばってください。

第九今日で三日目 GPから新しいティンパニ「ハルトケ」を

使っていると 久保氏が言っていた。聞いた感じ26インチ

(Ⅰ)D(Ⅱ)Fが少々つまって聞こえた、ヘッドがまだ馴染まない

せいだろうと話していた。29インチ他は金管と決まった時の

サウンドがいい。特にトランペットとの8分音符の音が自然

N響の第九の指揮者はいつも大マエストロなのに、今回の

アンドリュー・リットンそれとソプラノ テナーは?

N響はもちろんだが、 国立の合唱は特にすばらしかった!

« 「東・打・協」 | トップページ | 仕事はじめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502631/17488752

この記事へのトラックバック一覧です: N響第九:

« 「東・打・協」 | トップページ | 仕事はじめ »